Music
素敵な洋楽
search
タイトルが「let's go」から始まる洋楽まとめ
最終更新:

タイトルが「let’s go」から始まる洋楽まとめ

皆さんは日ごろ洋楽を聴いていて、この単語ってタイトルによく使われるよな……と感じることも多いのではないでしょうか。

もちろん邦楽も同様なのですが、アーティストたちが好む言葉のチョイスが分かっておもしろいのですよね。

今回の記事では「let’s go」という誰でも知っている単語から始まるタイトルの洋楽をリサーチ、ジャンルを問わずまとめています。

「let’s go」は呼びかけたりうながしたりするための言葉ですし、単体でタイトルを飾るケースも多いですね。

どんな「let’s go」の曲があるのか、ぜひこちらの記事でチェックしてみてください!

タイトルが「let’s go」から始まる洋楽まとめ

Lets Go On The Run (ft. Know Fortune)Chance The Rapper

レーベルと契約せず、なおかつ音源を有料販売しないという斬新な戦略で巨万の富を稼いでいるラッパー、チャンス・ザ・ラッパーさん。

オーバーグラウンドのラッパーですが、彼の戦略的な商法や高い知性をちらつかせるリリックに憧れているというヘッズの方も多いのではないでしょうか?

こちらの『Lets Go On The Run(ft. Know Fortune)』はそんな彼の名曲。

曲の終盤で非常にドープなバースが聴けるので、そういった変化する部分もお楽しみください。

Ryo

Let’s Go CrazyThe Clash

1976年から1986年にかけて大活躍したイングランド出身のパンクロックバンド、ザ・クラッシュ。

セックス・ピストルズやダムドと並ぶ有名なパンクバンドで、初期はレゲエの要素を取り入れていましたね。

そんなザ・クラッシュの楽曲のなかでも、特にオススメしたいのが、こちらの『Let’s Go Crazy』。

キャリアの中期にあたる作品で、ロカビリーとニューウェーブをミックスしたような曲調が特徴ですね。

ぜひチェックしてみてください。

Ryo

Let’s Go Out TonightThe Blue Nile

スコットランド出身の音楽グループ、ブルー・ナイル。

アートロックやソフィスティポップを得意とするグループで、ボーカルやリリックで感動を与えるというよりは、インストゥルメンタルのような聴かせ方を得意としていますね。

そんな彼らの名曲のなかでも、特にオススメしたいのが、こちらの『Let’s Go Out Tonight』。

前述したようにインストゥルメンタルのような楽曲で、全体を通してボーカルの主張は控えめです。

完成された世界観を楽しみたいという方は、ぜひチェックしてみてください。

Ryo

Let’s Go (ft. Ne-Yo)Calvin Harris

ポジティブなエネルギーに満ちた『Let’s Go』は、カルヴィン・ハリスとニーヨが放つ爽快なトラックです。

エレクトロニックなビートと爽快感あふれるメロディが特徴的で、意欲を掻き立てるメッセージが耳に残ります。

リスナーを鼓舞する歌詞は、積極的に行動することの大切さを語り掛けており、決意を固めたい瞬間にぴったりの一曲となっています。

未来に向けて一歩踏み出す際の背中を押してくれる歌は、どんな状況でも自分を信じて突き進む力を与えてくれるでしょう。

RAG MUSIC 編集部

Lets Go SurfingThe Drums

『Lets Go Surfing』は、ザ・ドラムスが放つ光溢れるトラックです。

海辺への憧れや解放感を、爽やかなメロディで描き出します。

リズミカルな口笛とシンプルなビートが特徴で、聴く者を自然と陽気な気分へと誘います。

都会的なスマートさとサーフミュージックのアンニュイな響きが見事に融合し、青い空と開放的な波を思わせるサウンドがあります。

旅立ちを予感させるような勇ましさと、心地良さを兼ね備えたこの楽曲は、まさに日常を脱出したい時にオススメの曲。

ますます外へ出て行動を起こしたくなる、そんな魔法のような力をもっています。

RAG MUSIC 編集部

続きを読む
続きを読む