Music
素敵な洋楽
search
タイトルが「hey」から始まる洋楽まとめ
最終更新:

タイトルが「hey」から始まる洋楽まとめ

皆さんは日ごろ洋楽を聴いていて、この単語ってタイトルによく使われるよな……と感じることも多いのではないでしょうか。

もちろん邦楽も同様なのですが、アーティストたちが好む言葉のチョイスが分かっておもしろいのですよね。

今回の記事では「hey」という誰でも知っている単語から始まるタイトルの洋楽をリサーチ、ジャンルを問わずまとめています。

調べるまでもなく数曲はすぐに思い浮かべることができるくらいに、タイトルが「hey」から始まる曲には大ヒット曲が多いというのは、こちらの記事で紹介している曲をざっと眺めるだけでも理解できるはず。

あなたの知らない「hey」な曲が見つかるかも?

ぜひご覧ください!

タイトルが「hey」から始まる洋楽まとめ

Hey DJ (Remix)CNCO, Meghan Trainor, Sean Paul

1950年代にトレンドだったドゥーワップというジャンルを現代的にアレンジした音楽性で親しまれている女性シンガー、メーガン・トレイナーさん。

こちらの『Hey DJ(Remix)』は、そんな彼女とラテンアメリカのボーイズバンド、シー・エヌ・シー・オーとダンスホールの王様、ショーン・ポールさんが共演した作品です。

曲調はゴリゴリのダンスホールですが、シリアスなメロディーに彩られたフックなので、感動的な気分にもさせてくれます。

Ryo

Hey Boy Hey GirlThe Chemical Brothers

イギリス出身の電子音楽ユニット、ケミカル・ブラザーズ。

多少なりともテクノに興味をお持ちの方であれば、彼らの存在を知っているのではないでしょうか?

ビッグビートやトリップホップなど、さまざまなジャンルを取り入れたハイセンスな作曲で有名ですね。

そんな彼らの名曲が、こちらの『Hey Boy Hey Girl』。

非常に没入感の高い構成に仕上がっているので、勉強中のBGMなどにいかがでしょうか?

ぜひチェックしてみてください。

Ryo

Hey Mama (ft Nicki Minaj, Bebe Rexha & Afrojack)David Guetta

誰しも耳にしたことがあるであろう楽曲『Hey Mama』は、デイヴィッド・ゲッタさんの手掛けるビートが際立つ一曲です。

ニッキー・ミナージュさん、ビービー・レクサさん、アフロジャックさんのそれぞれ異なるスタイルが融合し、楽曲は多様な魅力を放っています。

起伏に富んだメロディが耳に残り、リスナーをアグレッシブな気分へと導きます。

クラブのダンスフロアを熱くするだけでなく、ドライブ中のプレイリストにもぴったり。

いつ聴いてもエネルギーをもらえる、そんな一曲に仕上がっています。

聴けば自然と身体が動き出す、カラフルでエキサイティングなサウンドワールドを是非体験してください。

RAG MUSIC 編集部

Hey Look Ma, I Made ItPanic! At The Disco

「Hey Look Ma, I Made It」は、Panic! At The Discoの中で特に耳に残る一曲です。

躍動感あるビートが心地よく、リスナーを自然と曲の世界観へと引き込みます。

しかし、そこには華やかな表現の裏で感じられる繊細なテーマが隠れています。

成功への道のりとその先にある実感の欠如について描かれた歌詞は聴く者に考えさせられる内容を持っていて、ただ単にアップテンポな曲として聴くだけではない深さを感じさせます。

音楽に込められた複雑な感情がクセになり、再び再生ボタンを押したくなる魅力があります。

RAG MUSIC 編集部

Hey, Soul SisterTrain

軽快なウクレレのリフが印象的な『Hey, Soul Sister』は、耳に残るメロディと歌詞が特徴的です。

この曲を聴いていると、自然と心が晴れやかな気分になるため、毎日にポジティブなエネルギーをもたらす魅力があります。

特にサビの部分は、一度耳にするとなかなか忘れられないくらいにキャッチーで、鮮やかなイメージを描く言葉遣いが印象に残ります。

気持ちがアップリフトされるようなこのトラックは、多くの人々のプレイリストにおいて、日常を彩る1曲として確固たる位置を確保しており、その人気は今後も続くことでしょう。

気軽に聴けるながらも心地よいリズムの『Hey, Soul Sister』は、幅広い層にオススメしたい楽曲です。

RAG MUSIC 編集部

続きを読む
続きを読む