Music
素敵な洋楽
search
【2024】タイトルがCから始まる洋楽まとめ
最終更新:

【2024】タイトルがCから始まる洋楽まとめ

こちらの記事では1950年代から2020年代の現在に至るまで、ロックやポップスなどポピュラー音楽を中心としたさまざまな洋楽の中から「C」で始まるタイトルの曲だけをまとめて紹介しています。

たとえば「California」という単語でタイトルが始まる曲だけでも何十曲と見つかりそうですが……実際のところはどうなのでしょうか。

なかなか他のサイトでは見かけない企画ですし、曲名しりとりにも活用いただけますよ。

ぜひチェックしてみてください!

もくじ

【2024】タイトルがCから始まる洋楽まとめ

CandymanFlyana Boss

フライアナ・ボスさんが2023年に投下した『Candyman』は、恋愛の始まりを甘美でキャンディーのような言葉で表現した楽曲です。

歌詞は、恋人たちがお互いに与え合う愛情の甘さと情熱を、まるでキャンディのように描写しています。

色鮮やかな比喩がちりばめられた本作は、彼らの過去の楽曲とは異なる新しい魅力を展開していて、特に2023年の2月に2曲のEPをリリースして以来、SNSを中心に人気が集中している様子がうかがえます。

フライアナ・ボスさんのセンセーショナルな存在感と、トレンドをつかんだ音楽性は、TikTokを始めとする各プラットフォームで熱い人気を博しています。

ラブソングとして新たな地平を開いた『Candyman』、恋するすべての人にオススメしたいですね。

RAG MUSIC 編集部

Control FreakCopeland

ピアノロックの洗練されたサウンドとエモーショナルな歌詞が突き刺さるコープランドの曲、『Control Freak』は多くのリスナーの心を掴んで放しません。

2006年の印象深いアルバム『Eat, Sleep, Repeat』からの一曲は、切なさと綿密に計算されたARRを背景にしたバンドサウンドが見事に融合しています。

共依存的な恋愛関係における葛藤や不確かさ、そして自我を失う恐怖が歌詞の主題となっており、アーロン・マーシュさんの持ち前のカリスマ性とブライアン・ローレンソンさんの際立つ楽器演奏が曲に深みを加えています。

まさに感情を揺さぶられる楽曲で、心の琴線に触れる者は多いはず。

爽やかながらもどこか感傷的なピアノのメロディが、この楽曲を伝説的なピアノポップへと押し上げています。

RAG MUSIC 編集部

Chasing CarsSnowpatrol

2006年のヒット、スノウ・パトロールの『Chasing Cars』。

愛情を静かに、しかし力強く伝えるこのバラードは、ゲイリー・ライトボディさんの純粋な心から生まれました。

歌詞では、犬が車を追いかけるような人間の無垢な愛情を描いていて、それが世界中で共感を呼びました。

特に「If I lay here…」の部分は、人々の心に静かに寄り添うように響き、多くの人々から愛される理由の一つです。

シンプルでありながら深いメッセージは、今でも色あせることのない感動を与えてくれます。

RAG MUSIC 編集部

Closer ft. HalseyThe Chainsmokers

2016年にリリースされた、ザ・チェインスモーカーズとホールジーさんのコラボレーションによる『Closer』は、恋愛の複雑さとすれ違いを繊細に描いた楽曲です。

過去の関係を振り返りつつ、未来への希望を紡ぐこの曲は、まさに喧嘩した恋人たちが心を1つに戻そうとするときにぴったりです。

特に「We ain’t ever getting older」というリフレインは、どんなに時間が経っても2人の間に変わらない絆があることを思い出させてくれます。

喧嘩の後に距離を感じている方は、ぜひチェックしてみてください。

RAG MUSIC 編集部

CrushDavid Archuleta

全米をとりこにした『アメリカン・アイドル』出身のシンガー、デヴィッド・アーチュレッタさん。

彼のデビューシングル『Crush』は2008年にリリースされ、ビルボードホット100で2位を記録する大ヒット作です。

この曲は、恋愛感情の始まりを、ときめきと迷いを感じるリリックと爽やかなメロディで描いています。

歌詞では、「これは本当の恋なのか」と自問するような揺れる感情を表現しており、片思いのときめきや不安がリアルに感じられます。

2008年の夏の熱い記憶を呼び覚ます『Crush』、男性にも女性にも、片思い中の方にもぜひオススメしたい作品ですね!

RAG MUSIC 編集部

続きを読む
続きを読む