Music
素敵な洋楽
search
美しくきれいな洋楽。おすすめの名曲まとめ
最終更新:

美しくきれいな洋楽。おすすめの名曲まとめ

英語が分からないし日ごろはあまり洋楽を聴かない……という方でも、美しくきれいなメロディやサウンドの洋楽はすんなり楽しめたりしますよね。

音楽自体の素晴らしさは言葉の壁をこえますし、最初に洋楽を聴き始めたのはきれいなバラードだったという方も多いのではないでしょうか。

そんな洋楽初心者の方にもぜひおすすめしたい、美しくきれいな洋楽の名曲たちを時代やジャンルを問わず集めてみました。

美しさに思わず涙がこぼれたり、温かな気持ちにさせてくれる素晴らしい洋楽をぜひお楽しみください!

美しくきれいな洋楽。おすすめの名曲まとめ

Feel Like Makin’ LoveRoberta Flack

ダニー・ハサウェイさんなどとともに、多くの名曲を生み出し、1970年代に大活躍した女性シンガー、ロバータ・フラックさん。

こちらの『Feel Like Makin’ Love』や『Killing Me Softly』は、誰でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

そんな彼女の歌声を一言で言い表すなら、やわからいボーカルの極地といったところでしょうか。

巧みなボーカルテクニックはもちろんのこと、耳を優しく包み込んでくれるような、美しく温かみのある美声は圧巻です。

ぜひチェックしてみてください。

Ryo

A Thousand MilesVanessa Carlton

爽やかなメロディと優しいピアノの響きが印象的な『A Thousand Miles』は、ヴァネッサ・カールトンさんの透明感あふれるボーカルと見事に調和しています。

2002年にリリースされて以来、世界中で愛され続けるナンバーです。

特にオーストラリアではチャートのトップに輝き、一躍彼女をスターダムに押し上げました。

ロンフェアさんのプロデュースにより生まれたこの曲は、遠く離れた大切な人への強い思いを歌い上げ、聴く人の心を躍動させてやみません。

心地良い洋楽を求めるなら、この1曲を聴いてみてはいかがでしょうか。

RAG MUSIC 編集部

Yesterday Once MoreCarpenters

カーペンターズの楽曲『Yesterday Once More』。

1973年6月にリリースされ、その優しいメロディーは多くの人々の心をつかみました。

曲の中で彼らが愛した音楽への憧れと思い出が、聴く者の懐かしさを誘います。

日本でも特に人気があり、その心地よいサウンドは今でも多くのシーンで使われていおり、キャッチーなサビのメロディーは、歌い手の心を高揚させますよ。

音楽の変遷を感じさせつつ、時代を越えて愛される不朽の名曲です。

RAG MUSIC 編集部

RunawayAURORA

世界中に熱狂的なファンを持つ、ノルウェー出身のシンガーソングライター、オーロラさん。

フォークとエレクトロニクスの合わさったサウンドで神秘的な世界観を表現します。

そんな彼女の代表曲のひとつ『Runnaway』はでは彼女の最大の魅力である、唯一無二の歌声が際立つ1曲です。

楽曲の中盤、演奏が静かになりオーロラさんの歌声のみになる場面では特に彼女の歌声の美しさを感じられます。

後半の盛り上がりに向かって表情を変える彼女の歌声に、鳥肌がたつこと間違いなしですよ。

宵待ジェーン

HaloBeyoncé

神聖な雰囲気を持ったこの曲は、世界の歌姫、ビヨンセさんが2008年にリリースした『Halo』です。

愛を通して自分を救ってくれた相手に対する感謝、愛を歌った1曲です。

『Halo』は「後光」という意味で、後光が差しているように見えるほど、相手のことを神聖な存在として愛する主人公の気持ちを表しています。

思いのこもった歌声はまるで強く祈りを捧げるようですね。

特に最後のサビではより力強く歌い上げるビヨンセさんの歌声に鳥肌がたちます。

宵待ジェーン

続きを読む
続きを読む