World@RAG
洋楽をもっと楽しむWebマガジン
menusearch
ビートルズの名曲・人気曲

若き日のビートルズ。下積み時代の仰天エピソード

芸能や音楽の分野では、多くの技術と経験が必要とされるので、誰しもが下積み時代を経験していることだと思います。

世界中でもっとも有名とされているビートルズにも下積み時代があったのですが、そのエピソードを紹介したいと思います。

あのビートルズにも下積み時代があった!

多くのアーティストがそうであったように、ビートルズにも下積み時代がありました。

彼らがキャバーン・クラブのレギュラーバンドになったのがプロとしてのスタートだとすると「ラブ・ミー・ドゥ」をリリースした1962年10月5日までが下積み時代だったということになります。

この頃の彼らの演奏は「アンソロジー」などで聴くことができます。

まだまだ粗削りでしたが若々しさにあふれた魅力があります。

この頃の彼らは、まさに典型的なロックンローラーであり、リーゼントに黒の革ジャン、ブーツに身を包んでアメリカのロックンロールを盛んにコピーしていました。

ハンブルクへ出稼ぎに

プロにはなったもののそこはローカルバンドの悲しさ、地元ではそこそこ売れていたものの、もちろん、レコードなど出したこともなく、稼ぎもしれていました。

そんな彼らにおいしい話が舞い込んできます。

マネージャーのアラン・ウィリアムズの知人のドイツ人が西ドイツのハンブルクで酒場を経営していたのですが、そこで演奏するバンドを紹介してくれとオファーが来たのです。

しかも、結構良いギャラを提示してきました。

当然、彼らは一儲け(ひともうけ)できると飛びつき、早速船に乗ってハンブルクへ向かいました。

ハンブルクは、港町という点でリバプールと土地柄が似通っていました。

世界中の船員が集まってきて、夜になると酒場へ繰り出すのです。

そして、ビートルズが出演することになった「インドラ・クラブ」もそんな酒場の一つでした。

ちなみにキャバーンはクラブでしたがアルコールは禁止でした。

お客も上品とは言えませんが、ちゃんと演奏を聴いてくれました。

しかし、インドラ・クラブのお客はほとんどが荒くれ物の船員たちで、しかも、彼らのお目当ては酒と女性で、飲んで大声で騒ぎ、ロクに音楽なんか聴いていません。

ビートルズは、はじめキャバーンと同じスタイルで演奏してたんですが、それでは一向に盛り上がりませんでした。

それで、支配人のコシュミダーが「ショーをもっと盛り上げろ!」と盛んに彼らにハッパをかけました。

おすすめの記事あわせて読みたい