Music
素敵な洋楽
search
【2024】シンコペーションの魅力。シンコペーションが印象的な曲まとめ
最終更新:

【2024】シンコペーションの魅力。シンコペーションが印象的な曲まとめ

突然ですが、皆さんは「シンコペーション」という言葉をご存じでしょうか。

楽曲の拍節の中で強拍と弱拍のアクセントを故意に変更するなど、拍子やリズムをずらして独特の効果を生み出す音楽用語なのですね。

楽器演奏をたしなんでいる方や音楽理論を勉強されている方でなければ聞いたことがないかもしれませんが、実は日ごろ皆さんが楽しまれている音楽でシンコペーションは幅広く取り入れられているのですよ。

今回はポップスやロックなどを中心として、洋楽邦楽や時代を問わずさまざまなタイプの「シンコペーションの名曲」をまとめてみました。

あなたの大好きなあの曲も、実はシンコペーションが取り入れられているかもしれません!

【2024】シンコペーションの魅力。シンコペーションが印象的な曲まとめ

ROSIERLUNA SEA

独特のリズムでリスナーの心を捉える『ROSIER』は、シンコペーションを見事に活用した楽曲として多くの音楽ファンに愛されています。

その魅力は、ただの偶然や遊び心から生まれたものではなく、LUNA SEAの丁寧なアレンジと実験心によるものです。

河村隆一さんの情熱的な歌声と、Jさん、SUGIZOさん、INORANさん、真矢さんらメンバー全員の緊密なアンサンブルが見事に調和して、楽曲全体のエネルギーを高めています。

その結果、『ROSIER』はただの楽曲を超え、リスナーの心に深く刻まれる音楽体験を提供し続けているのです。

過去から現在に至るまで、LUNA SEAのライブでは絶対に欠かせない一曲として、ファンたちの熱い支持を集めています。

RAG MUSIC 編集部

ThrillerMichael Jackson

「シンコペーション」を巧みに取り入れた名曲といえば、マイケル・ジャクソンさんの『スリラー』を外すことはできません。

夜の帳が下りた街角で聴きたくなる、この曲のリズムは耳に残ります。

音楽ファンなら誰もが知っているゾンビとのダンスシーンは、ハロウィンのお祭りや仮装パーティーで欠かせない要素です。

マイケル・ジャクソンさんのハイトーンボイスと一緒に繰り出されるソリッドなベースラインは、リスナーに強烈な印象を与えます。

ハロウィンシーズンだけでなく、いつでもどこでも楽しめる普遍的な魅力をもつ1曲であり、シンコペーションが生み出すグルーヴは計り知れない価値があります。

RAG MUSIC 編集部

Enter SandmanMetallica

『Enter Sandman』はメタリカさんの代表曲として知られる名曲です。

始まりは静かなアコースティックギターの音色で、聴き手をゆっくりとその音世界へと誘います。

やがて重く奏でられるリフが始まり、グルーヴィでダイナミックなサウンドが続きます。

この曲のハイライトは、間違いなく印象的なリフと、リズムセクションの力強いプレイでしょう。

さまざまなジャンルが融合されたこのトラックは、ヘビーメタルを聴き慣れていない方々にも強い印象を与えるでしょう。

聴けば聴くほど耳に残り、頭を振りたくなるような魅力が満載です。

RAG MUSIC 編集部

ルビーの指環寺尾聰

シンコペーションは音楽のリズムにおいて非常に魅力的な要素です。

予測できない強弱の配分が、聴き手の心を動かし続けるからです。

実際、多くの名曲たちがこの技法を用いています。

たとえば、ポップスにおいては軽快に飛びはねるようなメロディの中に突如現れるシンコペーションが曲にスパイスを加え、ロックでは力強いビートの中に挿入されることによって予測不可能な熱狂を生み出します。

オススメの楽曲を聴き、その違和感とも言える断ち切られたリズムの流れを感じてみるのはいかがでしょうか。

そして、自身の日常が意外な形で軽やかになることを発見できるかもしれません。

シンコペーションを活かした曲の世界に触れることで、音楽の楽しみ方が一段と広がること請け合いです。

RAG MUSIC 編集部

Bad LiarSelena Gomez

『Bad Liar』は、美しく切ないメロディーの中で、シンコペーションが作り出すリズミックなアクセントが光る一曲です。

ひそかな恋心を抑えきれずに溢れ出る感情が、独特の拍子で表現されており、一度耳にするとなかなか忘れられない印象に残ります。

Selena Gomezさんが展開する繊細でありながらも力強いボーカルは、切なさと強さが交錯する心情を見事に音に載せています。

耳を澄ませば、細部にわたって慎重に配置されたシンコペーションの魅力がクリアに感じられるでしょう。

静かながらも内に秘めたエネルギーがジワリと迫ってくるこの曲は、多くのリスナーの心を揺さぶること間違いありません。

RAG MUSIC 編集部

続きを読む
続きを読む